工事の流れ

オフィスの廃棄物処理

オフィスの廃棄物

不要となった廃棄物はおまかせ!

弊社ではパーテーション、タイルカーペット、造作壁を解体した際に発生する廃棄物や不要となったオフィスのパソコンや家具の回収・運搬を承っております。不用品の廃棄につきましては正規のマニフェストを発行し、廃棄物を処理の最後までしっかり管理いたしますの安心です。
 
●産業廃棄物収集運搬業/許可番号 第133553号

産業廃棄物とは

企業が事業活動の中で排出される廃棄物のうちで、法律で定められた廃棄物が産業廃棄物です。産業廃棄物は排出した事業者が自ら処理をするか、産業廃棄物処理の許可を保有する業者に委託して処理を行うことが義務づけられております。

産業廃棄物処理の流れ

主な処理費用

運送費 産業廃棄物運搬費 トラック1.5〜4t 車/1台 約1〜3万円

wastePlus

廃棄物の処理費用 処理費は重量での処理価格ではなく、1立方メートルあたりの処理価格を設定しております。
したがってお客様にもわかりやすい価格設定となっております。
廃棄品目 単位 処理料金 基本積載量 備考
混合廃棄物 7,000円〜 積載量内 混合廃棄物

  • 廃プラスチック
  • 廃パーテーション
  • 木くず
  • 紙くず
  • 金属くず
  • ガラスなど
石膏ボード 10,000円〜 積載量内 石膏ボード

  • 石膏ボード壁
  • スチールパーテーション
  • (石膏ボードが含まれる)

タイルカーペット 13,000円〜 積載量内 タイルカーペット

  • 絨毯
  • Pタイル
  • ロールカーペット
オフィス家具 8,000円〜 積載量内 オフィス家具

  • デスク
  • チェアー
  • キャビネット
  • ローパーテーションなど
機密書類 別途相談
  • 保存期限の過ぎた機密書類など
    ※収集運搬した機密書類は受入先へ運び溶解処理されます。受入先より溶解証明書を発行します。

wasteSankaku

マニフェストの発行 お客様がしっかりと処理をしたという「証明記録」が残ります。

産業廃棄物マニフェスト

マニフェストとは、産業廃棄物の処理の流れを追跡、把握することを目的とした管理票で、産業廃棄物を処理業者に委託、運搬する際に使用する「産業廃棄物管理票」です。産業廃棄物の処理責任は排出した事業者(お客様)にありますので、適正に処理されたことを最後まで確認して頂く必要があります。マニフェスト(管理票)は、産業廃棄物ごとに作成し、その種類、量、運搬業者、依頼日、排出事業者等を細かく記入し、廃棄物と共に処理業者に交付します。処理が終了すると処理業者からマニフェストの写しが返送されるので、適切に処理が行われたかを確認し、5年間保管します。また、排出事業者は交付されたマニフェストを帳簿により管理することが義務づけられております。弊社では責任を持ってお客様にマニフェストを提出しておりますので安心です。

違反すると大変です!

例えば不法投棄をした場合、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金
(法人には1億円以下の罰金)にするなど、非常に厳しい罰則が設けられています。