OAフロア

置き敷きタイプの特徴

OAフロア置き敷きタイプ

OAフロアレベル調整タイプの特徴

予め脚のついたブロック型のOAフロアを下地シートを敷いた床に敷き詰めるタイプのOAフロアです。軽量で施工が簡単なので、短期間で施工が可能です。多様化する情報ネットワークに対応した設計。500mm角のタイルカーペットを1枚はがすだけで配線の確認が可能です。高さは40mm、50mm、75mm、100mmタイプをご用意しています。



製品ページ

カタログPDF サンプル請求

業者の方はご相談ください。

特徴

  • 短納期

    OAフロア置き敷きタイプの特徴レベル調整不要で簡単施工のOAフロアは、手軽に改修工事を行えます。最短1日で施工可能です。

  • 低コスト

    レベル調整タイプに比べ、低コストでオフィスのリニューアル工事が可能。

  • 軽量設計・環境配慮・一体構造

    建物への負担が少ない軽量タイプで、リサイクル原料を使用しているので環境にもやさしいOAフロアです。

  • アーバンスクエア40/割付基準部
  • アーバンスクエア50/ボーダー部
  • アーバンスクエア50/スロープ部
  • アーバンスクエア50/框部
  • オプション品もご用意
  • 専用補助脚補助脚(BFH40用)
  • スロープスロープ(BF50専用)
  • シートシート




フロアコンセント

フロアコンセント

あらゆるオフィスシーンに対応。快適なオフィス空間を創造します。

■ 安心設計
ポップアップ式なのでふたを閉じれば床面とほぼフラットになります。
■ お好みの場所に
床下で配線するので延長ケーブルなどが露出せず、見た目もスッキリ。
■ レイアウト変更も簡単
フロアレイアウトの変更にもフレキシブルに対応。
■ 自由に組み合わせ
器具形状は電力・テレホンモジュラジャック・LAN用モジュラジャックを自由に組み合わせることもできます。




OAフロアの最新施工事例